名駅歯科クリニック矯正歯科BLOG

2022.04.20更新

矯正器具に装着するカラーゴムとは

 

一般的に普及している矯正にワイヤー矯正が挙げられます。ワイヤー矯正をする場合は、歯の表面にワイヤーを装着するための金属には外から目立たない色のモジュールと呼ばれる輪ゴムを使用しています。
今回の記事では、モジュールを色とりどりでお洒落なカラーゴムへ変更する方法についてご紹介します。色は豊富に用意されており、例えばパステルカラーからビビッドカラーまでございます。ただし、歯科医院によって取り扱っている色の種類は違いますので色にこだわりがある方は事前に確認すると良いでしょう。
正しい呼び方はカラーゴムではなくカラーモジュールです。多くの方から「カラーゴム」と呼ばれている大変人気の矯正グッズです。カラーゴムを楽しんでいる方の中には、その日の天気や参加するイベントに合った色を選択して、個性的な口元を演出できます。

カラーゴム
 

カラーゴムは良いこといっぱい!

 

①相手に印象を残すことが出来る
一般的なデザインの矯正より鮮やかな矯正をしていると色々な方に顔を覚えてもらえる可能性が高まります。珍しい色の矯正装置が話題のネタに繋がり話が弾むかもしれません。
例えば、SNSでも鮮やかな矯正装置を個性として扱うことが増えているようです。鮮やかな矯正装置が会話の中で見えることで相手の印象に残りやすい個性が生まれるでしょう。

 

②汚れを隠すことが出来る
通常のモジュールのケースでは、透明や白の色を使用します。しかし、スパゲッティやコーヒーなど着色しやすいものを食べたり飲んだりするとゴムに色が移る場合があります。それは、ゴムの素材の特性上濃い色を着色しやすいからです。もちろん、歯科医院によってはゴムの色が気になったときに新しいゴムへ取り替えてくれるところもあります。
それに比べ、最初からカラーゴムであれば着色によって目立つことが無いので、交換する時間がない忙しい方に推奨しています。淡いパステルカラーよりも濃いビビッドカラーを選択することで、より汚れを隠しやすいでしょう。

 

③ファッションの一部にできる

カラーゴムを矯正器具に取り付けることで、自分のネイルやヘアスタイルと同様におしゃれを満喫する方が増加しています。
例えば、髪の色を明るくしたらカラーゴムを変える、服のコーディネートにあわせてカラーゴムを変えることが可能です。もし取り付けて色が合わなかったとしても、次回取り替える際にに違う色のモジュールへ変更すれば大丈夫です。

 

カラーゴムはどこで取り付けることが可能なのか

 

①ネット経由で購入・装着は難しい
ネットを経由してカラーゴムを買うことが可能です。ただし、自らでカラーゴムを取り付けるのは困難です。専門的な知識を有していないのに、現在取り付けているモジュールを自ら外してカラーモジュールに変更することは推奨致しません。
強引に取り替えを行うと歯にダメージを与えてしまう場合がございます。専門的な知識がなければ歯科医院で丁寧に取り替えることを推奨しています。
普段利用している歯科医院でカラーゴムの取り扱いが無ければ一度相談して装着することが可能か確認しましょう。

 

②歯科医院で正確に取り付けてもらおう
カラーゴムを装着するタイミングは、歯科医院で矯正装置を取り付ける時や位置を調整する際です。しかし、歯科医院によってはカラーゴムをそもそも扱っていないケースもある為、事前に確認をすると良いでしょう。
カラーゴムのバリエーションについても、歯科医院で多く取り扱っています。多くのカラーが選択できる歯科医院であれば何度も色合いを楽しめるでしょう。

投稿者: 名駅歯科クリニック・矯正歯科

名駅歯科クリニック・矯正歯科

愛知県名古屋市中村区名駅3-13-31 名駅モリシタビル8F 詳しいアクセスはこちら

  • 初診無料カウンセリング実施中!お気軽にお問い合わせください TEL:0120-028-316 受付時間9:00~19:00 休診日 土・日・祝日 無料相談カウンセリング お申込みはこちら
  • お気軽にお問い合わせください

    無料相談カウンセリング
24時間WEB予約