名駅歯科クリニック矯正歯科BLOG

2022.03.30更新

口の中が乾いたままだとなぜ口臭の原因になるのか

 

ワイヤーブラケットなどの矯正器具で口の中の乾きが続くと虫歯菌などの細菌が増殖します。
一般的には唾液の効果によって繁殖する虫歯菌を抑えることが出来ますが、口の開け閉めが上手くできず口を開いている状態が長くなると、唾液を出す量が減ってしまい虫歯菌などを殺菌する機能が弱くなってしまいます。
口内の細菌が増えると口臭が強まりますので、唾液などの人間に備わっている自浄作用は大変重要なのです。特に、口の中の乾燥によってプラークと呼ばれている歯垢も増加するため、細菌が多く存在しているプラークが更に口臭を助長させます。

 

口臭の画像

 

歯列矯正は口の臭いに影響する

 

ワイヤーブラケットなどの矯正器具により口がスムーズに開閉をしないと、口の臭いが悪化するリスクがございます。矯正器具のブラケットと呼ぶ箇所は口の中では思ったより異物感を感じます。
ブラケットの部分が食事や会話をする時に唇に接触したりなど、日常の色々な場面で口が閉じづらくなるケースがあります。また、その状態が続くと日頃から口が無意識に開くようになります。
日頃から口が開いている場面が続くと、口の中の唾液が蒸発し自浄作用が弱くなります。その渇きが口臭の始まりになるのです。

 

丁寧なブラッシングで口臭を撃退

 

矯正の種類は患者さまの歯の現状にもよりますが、一般に普及している方法の一つにワイヤーブラケット法という歯の表面にブラケットと呼ばれる金属部品を装着する矯正方法があります。このブラケットの凹凸やワイヤーはブラッシングしにくく、食事の後のカスが溜まりやすいです。その残留したカスは虫歯菌などの細菌が栄養分にする為、カスの周囲に繁殖した細菌が臭いを発する様になります。通常の歯ブラシでは矯正器具を綺麗に磨くことが難しいので、ブラケットやワイヤーを隅々まで掃除できる専用の歯ブラシを使いましょう。専用歯ブラシで細かい箇所まで掃除をすれば口臭を改善できるようになります。

 

口内の膿などが口臭に繋がる

 

ワイヤーブラケットは金属で出来ている為、歯列矯正は口の中にダメージを与えてしまう可能性があります。例えば、前歯に矯正を装着しているケースでは、矯正装置と口内との間に摩擦が発生し、炎症や刺激を与えます。
このように、矯正装置を普段から装着していることがきっかけで膿や口内炎が生まれた場合、口の中の状態が悪くなり口臭に繋がるリスクが高まります。

 

正しいケアで口臭予防をしよう


①歯間も丁寧に掃除をしよう

歯の見える部分だけ歯磨きでケアをするのではなく、デンタルフロスなどで歯間も綺麗にしましょう。デンタルフロスは歯と歯の間に残留しているカスを綺麗に取り除くことが可能です。口臭の他にも虫歯や歯周病のリスクを可能な限り抑えることが出来ます。矯正中以外もデンタルフロスは大変有効ですが、特に矯正中は口の中は清潔な状態を保つという認識を持つと良いでしょう。

 

②歯磨きの回数を増やそう

歯列矯正をしている間は歯磨きの回数を増やすことを指導しております。例えば、朝昼晩の他に3時のおやつを食べた後などは歯を隅々まで磨くことが重要です。寝ている最中は特に細菌が増殖する為、寝る前のブラッシングは丁寧にしましょう。

 

③専用歯ブラシを活用しよう

ブラケットの部品は複雑な形状をしている為、一般的な歯ブラシと併せてブラケットをブラッシングする専用の歯ブラシを使用しましょう。一般的な歯ブラシはブラシが大きくて太い為、食事のカスを綺麗に取り除けない可能性があります。

一般的な歯ブラシと矯正器具専用の歯ブラシを2本使用して磨くことは時間が掛かると思いますが、ブラッシングの後は食べ物のカスが無くなり気持ち良いので、専用の歯ブラシも是非併用しましょう。

 

④電動歯ブラシで汚れを落とそう

一般的な歯ブラシを使用して隅々までブラッシングするよりも、電動ブラシで磨く方が汚れが残りにくいとされています。歯列矯正で使用するブラケットは凹凸がある為、食べ物のカスが残留しやすいです。電動ブラシは小さな振動で汚れを取り除けるので、より隅々まで歯を磨けるでしょう。

投稿者: 名駅歯科クリニック・矯正歯科

名駅歯科クリニック・矯正歯科

愛知県名古屋市中村区名駅3-13-31 名駅モリシタビル8F 詳しいアクセスはこちら

  • 初診無料カウンセリング実施中!お気軽にお問い合わせください TEL:0120-028-316 受付時間9:00~19:00 休診日 土・日・祝日 無料相談カウンセリング お申込みはこちら
  • お気軽にお問い合わせください

    無料相談カウンセリング
24時間WEB予約