診療案内

インプラント

インプラントとは、虫歯や歯周病などによって失われてしまった自分の歯を補うための治療方法の一つです。
人工の歯の根っこを顎の骨に埋め込み、その上に天然の歯のような外観の人工歯を被せます。歯根をしっかりと骨に固定させるため、元からあった歯に近い噛み心地を再現することができ、見た目も自然に仕上がります。さらに入れ歯やブリッジと違い、周囲の歯に負担をかけません。そのため残っている歯を守るという予防的な意味合いもあります。

 

>詳細はこちら

ALL-on-4

一般的に、インプラントは歯を失った部分に1本ずつ埋める必要があります。そうすることで独立して支えられる人工歯を取り付けることができるため、他の歯に負担をかけないというメリットがあります。

一方で、多くの歯を失うとインプラント埋入数も増えていってしまい、身体的にも経済的にも大きな負担となります。

 この課題を解消するのが「All-on-4」オールオン4です。

 

>詳細はこちら

ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラントとは、All-on-4で治療ができないほど、上顎の骨が少なくなっているケースに対して対応できる最新のインプラント手術です。
通常のインプラントは、顎の骨に埋入します。しかし骨が薄い場合は、埋入が困難な為、骨造成が必要になり、費用と長い治療期間がかかります。ザイゴマインプラントでは、頬骨(ザイゴマ)にインプラントを埋め、All-on-4同様に、手術したその日から機能させるインプラントシステムです。

 

>詳細はこちら

コンピューターガイド手術

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込む口腔外科手術が必要です。

これまでは、歯科医師が歯茎を切開し、中の骨の状態を見ながら埋め込む位置や方向などを決めていました。

一方、コンピューターガイド手術では、事前にCT検査結果などに基づくシミュレーションを行い、実際にそのシミュレーション通りに治療を進めていけるガイド(サージカルテンプレート)を作製します。

 

>詳細はこちら

ノーベルガイド

通常のインプラント治療では、歯茎を切開して、その下にある骨に人工歯根を埋め込みます。
しかし、この方法では出血や治療後の痛み、腫れなどを伴うという課題がありました。
ノーベルガイドは、歯茎を切開することなく人工歯根を埋め込む治療方法です。事前にCT検査を行い、骨の形状や厚みを正確に把握しておきます。その上でどこに人工歯根を埋め込めばいいのかをコンピューターでシミュレーションします。
あとはそのシミュレーション通りに治療できるよう「ノーベルガイド」と呼ばれるものを作製し、それをお口の中に取り付けた状態で、歯肉の一部分に小さな穴をあけ、インプラントを埋入していきます。

 

>詳細はこちら

インビザライン

従来の矯正治療は、歯にブラケットと呼ばれる装置を取り付け、それをワイヤーで引っ張ることで歯を動かしていました。
この方法でも、もちろんきれいな歯並びを作ることはできますが、お口を開けた時に装置が目立ってしまう、歯磨きなどのお手入れがしづらいといった課題がありました。そこで開発されたのが、マウスピースを使った矯正治療です。

 

>詳細はこちら

加速矯正治療(オーソパルス)

従来の矯正治療は、歯にブラケットと呼ばれる装置を取り付け、それをワイヤーで引っ張ることで歯を動かしていました。
この方法でも、もちろんきれいな歯並びを作ることはできますが、お口を開けた時に装置が目立ってしまう、歯磨きなどのお手入れがしづらいといった課題がありました。そこで開発されたのが、マウスピースを使った矯正治療です。

 

>詳細はこちら

名駅歯科クリニック・矯正歯科

愛知県名古屋市中村区名駅3-13-31 名駅モリシタビル8F 詳しいアクセスはこちら

  • 初診無料カウンセリング実施中!お気軽にお問い合わせください TEL:0120-028-316 受付時間9:00~19:00 休診日 土・日・祝日 無料相談カウンセリング お申込みはこちら
  • お気軽にお問い合わせください

    無料相談カウンセリング
24時間WEB予約